設備投資と効果

では今までにないようなこれまでのないようについて総合的に考えると、つまり、減価償却という会計的手続きにより、過去の投資額を毎年少しずつ回収している、というのが資金回収の側面である。キャッシュフローに表れることになります。以上の三つのうち、最初の二つに近いことが言えれば、減価償却の説明としては十分と思います。つまり費用配分の仕方には各種の計算方法があるちなみに、よく耳にする「時間の経過とともに価値が減る」とか「使用するごとに価値が減る」という説明例があるけれど、それはどうだろうか?。モノの良しあしや手入れで減り方は千差万別のはず。的を射ていないように思われます。次に減価償却の対象となる資産と計上区分についてかんがえたいろおもいますが、早い話が、減価償却とは購入額をある期間に分けて少しずつ費用にする仕組みだ。その対象は10万円以上のモノであり、償却資産と総称される。建物や設備などだけでなく、ソフトウェアや営業権のような無形固定資産、馬や牛などの生物(農業畜産業はもとより、リンゴやミカンの木もそうなんですよね。それって減価償却費の計上区分ちなみに土地、借地権、書画骨董などは減るものではないから減価償却はしない。そういうことなのかと思うと理解しすいかとおもいます。非償却資産と呼ぶ。モチロン人(従業員)も、であるが、派遣という名の労働力は単なる変動費扱いされているのです。