100年後の設備工事

今現在10万円の工事があったとして100年後のみらいつまり10万円という線引きは、かつて20万円の時代もあったわけなので、その時代その時代で変化というものがあるのです。たとえば100年後の配管工というのは、現場管理とは違い、主に工事現場の方での仕事が多く、建築業界で言うと、現場管理というのが建築士のようなもので、配管工というのは大工のようなのではないかと思います。そしてそれらはロボットの発展によって対応される可能性があります。そしてそのような事故が起こらないように、周囲も含めて常に安全に確保することだと言われています。ロボットになると事故がおきてもリスクは最小限におさえることができるでしょう。では最後は、100年後の予算管理です。予算管理というのは、工事にかかる費用を事前に計算して、その予算内に納めるように管理をするということだと言われています。このように、現場管理というのは、社内や社外の人との調整を含めて、工事の総合的な管理を行っています。この現場管理は、設備工事を行う中でも、とても必要なことだと言われています。100年後の未来について、それらが、改善される事もあるでしょうが、建築全体の構図というものが変わっているかもしれませんよね。