「設備工事 資格」

 

設備工事というのはとても私たちにとっては大切なものですよね。なぜかというと、私たちの家の冷暖房設備やガス管、給排水管などの物の設備を行っているからです。その設備工事に関する資格というのはやはり多くあるのでしょうか?そして、いったいどんなものがあるのでしょうか?

今回は設備工事に関する資格について紹介していきたいと思います。

設備工事に関する資格はさまざまなものがあります。その、資格について一つ一つ紹介します。

一つ目は、管工事施工管理技士という資格です。

この管工事施工管理技士というのは、施工管理技士国家資格のうちの一つで、国土交通省の管轄になっています。施工管理技士の区分は1級、2級があります。この国家試験は年に1回実施されます。

二つ目は、配管技能士です。

配管技能士というのは、国家資格である技能検定制度の一種になっていて、都道府県職業能力開発協会が実施する、配管に関する学科及び、技能試験に合格したもののことを言います。

最後は、給水装置工事主任技術者です。

給水装置工事主任技術者というのは、給水装置工事主任技術者の国家資格に合格したもののことを言って、給水装置工事をする上で必要となる資格になっています。主に給水装置に関する技術上の管理、給水装置工事に従事する者の技術上の指導監督、給水装置工事に係る給水装置の構造及び材質が基準に適合していることの確認などを行います。

 

このように、設備工事に関する資格というのはさまざまなものがあり、ほとんどが国家資格になります。