「設備工事の特徴」

 

設備工事というのはとても私たちにとっては大切なものです。なぜかというと、私たちの家の冷暖房設備やガス管、給排水管などの物の設備を行っているからです。その中でも、設備工事の特徴というのはどんなものになっているのでしょうか?

今回は設備工事の特徴について紹介していきたいと思います。

まず設備工事というのは人々の生活圏にある様々な建造物の家やマンション、事務所、工場、学校、図書館、店舗などに必ずあると言われています。例えば、給水管や排水管、ガス管、衛生設備、冷暖房設備、換気設備、消火設備、排水処理施設、空気洗浄装置などの設備の設計及び施工を行うものです。

その設備工事の特徴を紹介します。

設備工事の特徴として、建設工事現場で作業するため、働く場所は一定にはなっていなくて、数ヶ月から約1年間で建築物が完成すると次の現場を手掛けることになると言われています。また、それだけでなく、ひとつの建築物を色々な会社の人たちと共同作業で作っていくのです。その就業者のほとんどが男性になっています。

天候などによって工程に遅れが生じた場合や、建物の完成直前の一時期は超過勤務や休日勤務が行われていると言われています。しかし、新しい工法の開発や効率化が進んでいくと、身体的な負担というのは少なくなっていると言われています。

 

このように、設備工事の特徴としては、建築業界のような感じになっています。

もっと新しい工法の開発や効率化を目指すことで、そこで働いている人たちの負担を減らしてほしいと思います。